C-HRカスタム【モデリスタ】動画チェック!車高やブーストとは?




C-HRのモデリスタのカスタムは、注目している人が多いようです。

具体的に、どのような特徴があり、普通のC-HRとはどこが違うのでしょうか。

この記事では、モデリスタ仕様のC-HRについて、動画を交えながら解説していきたいと思います。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

硬派な印象が持ち味のエレガントアイススタイル

MODELLISTA ELEGANT ICE STYLE 走行動画

C-HRのモデリスタのカスタムでは、2つのスタイルが存在します。

そのなかの1つ目であり、エレガントアイススタイルは、硬派な印象のカスタムに仕上げられているのが特徴のようです。

C-HRの個性あるデザインを引き立たせるカスタムとしてまとめられているので、落ち着きがあり上質なカスタムを希望する人には適していると言えそうです。

動画をチェックしてみると、全体的にメッキ調のデザインとなっており、外観を引き締める役割も持っていると考えられます。

モデリスタとしては、こういったカスタマイズは、正統派の路線となっているのではないでしょうか。

引用:https://toyota.jp/c-hr/customize/modellista_eleganticestyle/

細かくパーツを見てみると、エアロパーツが各部分に散りばめられています。

フロントスポイラーやサイド、リヤのスカートなど、基本的なパーツを中心に、ミラーやハンドルなどにもガーニッシュが施されています。

カスタムモデルでは、これらのパーツは装備されていることが多いですが、特にモデリスタのエレガントアイススタイルではパーツ数も充実しているようですね。

C-HRの全体的なイメージは大きく変えることはありませんが、その特徴的なデザインをしっかりと強調して、カスタマイズのできるところはこのスタイルのポイントになりそうです。



スポンサーリンク




ダイナミック感が満載のブーストインパルススタイル

MODELLISTA BOOST IMPULSE STYLE 走行動画

2つ目のカスタム仕様であるブーストインパルススタイルは、エレガントアイススタイルとは明確にコンセプトが異なっています。

先進的で未来感の強いデザイン調になっており、ダイナミックなイメージが満載になっているところがポイントのひとつとして挙げられるかと思います。

カスタムパーツも、全体的に目立つデザインやカラーリングのものとなっているので、C-HRのデザインをよりダイナミックに見せたいという人には、このブーストインパルススタイルがおすすめです。

引用:https://toyota.jp/c-hr/customize/modellista_boostimpulsestyle/

パーツはそれぞれ特徴のあるコンセプトですが、中でも目を惹くのはフロントグリルのガーニッシュではないでしょうか。

左右のライトを繋ぐように、メッキ調のカスタムが施されており、通常のC-HRよりも更に精悍なフロントのイメージを作ることに役立っています。

トヨタのマークを中心に、V字でグリルのアレンジが施され、見る人の印象にも残りやすいと評価されています。

このフロント部分のガーニッシュをはじめ、サイド部分やリヤにも輝きのある装飾が施されています。

なので、全体的にC-HRの印象がダイナミックになり、満足行くカスタムができることにも絡んでいるようです。モデリスタ両スタイルの車高はどうなっているの?

モデリスタで設定される、C-HRの各グレードの車高は、どのように変わっているのか、気になる人も多いかと思います。

それぞれのスタイルごとに、車高がどの程度変わっているのかについて、詳しく見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

①両スタイル共に車高は低く見えるようカスタム

TOYOTA NEW C-HR MODELLISTA STYLE 実車見てきたよ トヨタ 新型 C-HR モデリスタ仕様 東京オートサロン2017出展

モデリスタのエレガントアイススタイル、ブーストインパルススタイルをそれぞれ詳しくチェックした動画を見てみると、どちらのスタイルも車高は低く見えるようにカスタムされているのがわかります。

極端に車高自体が変化している訳ではないようですが、地上からの高さに関しては、カスタムパーツによって低くなっていることが明確であるように思います。

前後、そしてサイドにそれぞれスカートが取り付けられていることから、地上からの高さは大きく変動しているようです。

このように車高が低く見えるようにカスタムされることで、スポーティーさが増幅されることや、車の走行が安定して見えるなど、利点はいくつか出てくることが考えられます。

では、具体的にどれ位地上からの高さが低くなっているのかについて、各スタイルごとに詳しく見ていきましょう。

②エレガントアイススタイルの地上高はどうなるの?

各スカートのパーツによって、エレガントアイススタイルは地上高が調整されています。

・フロント:スポイラー装備により、オリジナルよりおよそ35mmダウン

・サイド:スカート装備により、オリジナルよりおよそ62mmダウン

・リヤ:スカート装備により、オリジナルよりおよそ70mmダウン

フロント、サイド、リヤは、それぞれエアロパーツの装備によって地上高が標準仕様よりもダウンしているのが分かりますね。

同じダウン幅ではなく、場所によって地上からの高さをカスタムする割合が異なっているようです。

一番ダウンが大きいのはリヤ部分であり、普通の仕様よりも70mm程ダウンしています。

ダウン幅としてはかなり大きく、見た目の印象も違ってくるかと思います。

全体的にしっかりと地上高のアレンジがなされ、車高が低く見える効果もバッチリと出ているのではないでしょうか。



スポンサーリンク

③ブーストインパルススタイルの地上高はどうなるの?

ブーストインパルススタイルでも、スポイラーやスカートの装備で地上高が変更されています。

・フロント:スポイラー装備により、オリジナルよりおよそ40mmダウン

・サイド:スカート装備により、オリジナルよりおよそ62mmダウン

・リヤ:スカート装備により、オリジナルよりおよそ68mmダウン

エレガントスタイルと少しずつ地上高の変更幅に違いがあるのがポイントですね。

フロントビューは、特に40mmも下げられており、エレガントスタイルよりも下げ幅が大きくなっています。

サイド、リヤもほぼ同じくらいのダウン幅で、車高が下がって見える特徴は似通っていると言えそうです。

地面スレスレに見えるような、地上高の調整が施されており、ブーストインパルススタイルのダイナミックさをより強調しています。

この点は、非常に魅力的な部分として挙げられるのかもしれません。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

モデリスタ仕様のブーストはどうなの?

ブーストという点も、C-HRについては気になる人が多いのかもしれません。

具体的にブーストがどのようなことを指すのかを含め、見ていきたいと思います。

①一般的なブーストはパワー面についてのワード

ブーストといわれると、一般的にはパワー面についてのワードとして挙げられます。

ブーストアップを行うことで、加速や最高速度がアップする変化の出ることが多く、特にターボ形式の車ではよく見られる特徴となっています。

ブーストの面で強化がなされることに伴い、車としての性能はアップする可能性は十分に高いと言えそうですね。

②C-HRのブーストはどのような感じ?

【 新型 C-HR ターボ 】トンネル内を試乗してみた!#2



スポンサーリンク

この試乗動画を見てみると、C-HRのブーストは満足度が高めであると考えられそうですね。

加速がスムーズに行われているほか、高速での移動も特にパワー不足にならず、安定して走行ができています。

こういったブーストの魅力については、モデリスタのエレガントアイススタイル、ブーストインパルススタイルの両方で期待できそうです。

そのため、外観のカスタムのみならず、C-HRの本来の走りの良さについても、ブーストの特徴を通じて体感できるのではないでしょうか。

C-HRカスタム【モデリスタ】動画チェック!車高やブーストとは? まとめ

C-HRのモデリスタ仕様について、動画を交えながらチェックしていきました。

モデリスタでは、2つのカスタムのスタイルが用意されており、それぞれが差別化されて異なったコンセプトに仕上げられていました。

C-HRの特徴的なデザインに合わせて、モデリスタではカスタムのパーツが用意されるようですね。

車高は極端に変わることが無く、地上からの高さが大きく変わっていることが、カスタムのポイントとして挙げられます。

それぞれのスタイルごとに少しずつ、具体的な地上高のダウン幅は変わるものの、やや大きなアレンジになると考えられそうです。

ターボなどで走りの良さを測るブーストも、C-HRのモデリスタ仕様では上々の仕上がりが期待できることも分かりました。

加速や高速走行などで、特にパワー不足を感じることなく走ることができるため、C-HRのオーナーが納得できる可能性は高いと言えそうですね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク