トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」比較!コンパクトSUV対決




C-HRとマツダの人気車種のCX-3と今回は比較してみた。実際にクルマを見てみてどう感じたかなどを詳しく書いてみる。

比較するのが特別仕様車の”ソウルレッドクリスタルメタリック”のボディカラーのCX-3だ。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」 走行性能比較

写真撮影:M,M

マツダのホームページに書いてある“小さなクルマでも安全性能に差をつけない”というコンセプトが掲げられている。

トヨタのクルマで良くある、ドライバーをサポートしてくれる装備がグレードによってオプションになっており、一度クルマが納車されてからやっぱり後付けで取り付けをお願いしても付けれない。

それがマツダ車は、ハイエンドモデルに搭載された安全技術をどのグレードでも標準装備されている。

・先進ライト
・自動ブレーキ
・ペダル間違い時 加速抑制装置
・危険認知サポート
・車線逸脱警報システム

などの安全技術が装備されているので、女性でも運転がしやすくなっている。

CX-3の車体も小さく「小回りがききそうだな」と第一印象も好印象になっている。

C-HRは、それに比べて予防安全装備付けれるグレード全く付ける事ができないグレードで分かれてしまっているので、購入時にきちんと理解せずに買ったら後からクレームになるケースも実際にある。

トヨタ「C-HR」とマツダ「CX-3」先進技術を使い開発しているので、走行性能・操作のしやすさ・操作性はとても満足いく評価が高い。




トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」 燃費比較

 

写真撮影:M,M

CX-3

CX-3ガソリン

  • 市街地モード(WLTC-L)       11.9~12.9km/L
  • 郊外モード(WLTC-M)L       15.9~16.9km/L
  • 高速道路モード(WLTC-H)     17.0~18.2km/L

CX-3ディーゼル

  • 市街地モード(WLTC-L)         15.9~21.3km/L
  • 郊外モード(WLTC-M)            19.1~23.5km/L
  • 高速道路モード(WLTC-H)      20.9~24.4km/L

JC08モードは良く目にします。マツダはWLTC-Hモードで測定されており、全世界共通の燃費測定方法になっている。

JC08モードに比べたら、より厳しい測定方法になっているので燃費の数字が20km/Lオーバーしてないのが目につく。

※日本・アメリカ・ヨーロッパなど主要な自動車生産国は地球環境問題等を踏まえよりデータベース化し排出ガスによる大気汚染を改善しようという流れになっておりその測定方法がWLTC-Hになる

写真撮影:M,M

C-HR

C-HRハイブリッド  

  • JC08モード 30.2km/L(23)

C-HRターボ 4WD  

  • JC08モード 16.4km/L(12)

C-HRターボ 2WD    

  • JC08モード 15.4km/L(12)

JC08モードは2006年に策定された日本独自の燃費試験モードになり、トヨタ「C-HR」とマツダ「CX-3」とではカタログ上の燃費を比較することができない。

JC08モード燃費×0.75が実燃費と言われているので、念のために数字を出してみた。

赤色の数字が実燃費になるが、カタログに記載されている数字と比べると数字が下がるっており今後JC08モードが廃止されるのも時間の問題かもしれない。



スポンサーリンク

トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」 価格・コストパフォーマンス対決

 

写真撮影:M,M

CX-3

CX-3ガソリン 20S Exclusive Mods

  • 2WD(6EC-AT)税込2,598,480円
  • 4WD(6EC-AT)税込2,824,480円

CX-3ディーゼル XD Exclusive Mods

  • 2WD (6EC-AT)税込2,868,480円
  • 4WD (6EC-AT)税込3,094,480円
C-HR

C-HRハイブリッド    Gグレード 

  • 2WD       税込2,929,200円

C-HRガソリン(ターボ) G-Tグレード

  • 2WD  税込2,605,200円
  • 4WD       税込2,799,600円

価格・コストパフォーマンスの比較をしてみると、マツダ「CX-3」2種類しか設定が無いのでグレードも少ないかもしれないと考えていたが、細かく分かれており全部が全部比較していたら大変なことになるので、今回は特別仕様車とハイグレードクラスで比較してみる。

マツダ「CX-3」C-HRのガソリンで比較してみたが、価格に言うほど差が無くCX-3が排気量はC-HRより少し大きくなっている。

特別仕様車などになったら、殆どの装備が付き、室内もそれぞれのデザインで揃っているが価格帯は高いが満足するクルマになっている。

ハイブリッドとディーゼルは、どちらも根本的に仕組みが違うので、比較するのは難しい。メリットとデメリットどちらもあるが、ディーゼルのエンジンは非常に強くて長持ちするので、長期間乗れて手放す時もクルマの下取りに期待できる

CX-3C-HRどちらかを購入しても維持費やガソリン代はあまりかからず年間の支出も抑えることができる。

トヨタ「C-HR」VSマツダ「CH-3 」 口コミでのカッコよさ対決

動画撮影:M,M

C-HR

・流れるウィンカーがカッコイイ
・デザインが未来的だ
・フロントマスクがカッコいい
・ボディのルーフブラックが好印象

写真撮影:M,M

CX-3

・室内が国産のデザインらしくなくカッコイイ
・クルマのフロントマスクがカッコイイ
・ボディーカラーのソウルレッドクリスタルメタリックが、とてもいい

実際販売店に、確認をしたら“女性に人気のあるクルマ”だと言っていた。クルマも小さく女性にはとても丁度いいサイズなのが見たら分かるだろう。

男性が乗るには正直小さく物足りないと思ってしまうかもしれない。室内のデザインも国産車のデザインとは異なり、外車を連想させるデザインになっているので、室内の雰囲気が好印象な口コミが沢山ある。

マツダSUVフロントマスクは評価が高く、正直カッコイイと思う。だがCX-3の全体はかなり小さく見えるので(SUVの中でも)個人的に可愛く見えた。

メーカーのホームページでも女性の画像が目立つので、きっとカッコイイ目線では作られてない印象だ。

毎年開催される東京オートサロンにてトヨタ「C-HR」マツダ「CX-3」が展示されていたのを見たことがあるが、カスタムされているがC-HRカッコイイんです。

CX-3も展示されており、凄く高級感は出ていたがカッコイイ良かったがC-HRが断然好印象だった。

トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」 売れ行き!販売台数でデータで見る人気対決!

写真撮影:M,M

マツダ「CX-3」っていつから登場したのかご存知ですか。2015年2月27日に発売され現在で約3年半くらいしか経ってないんです。

1年間で3千台を達成しているが2016年12月に発売が開始されてから1年間で1万を超えたC-HRの非常に人気なるが分かる。

C-HRは、独身・4人家族・夫婦のみなど様々なユーザーがおり発売から1年半でかなりのクルマをみ見かけるようになった。

それに比べてCX-3は、意識してすれ違うクルマを見ていてもあまりいないんです。

マツダのSUVのフロントマスクは正直どれも似てるように見え正面からじゃ見分けがつきにくく、CX-3と人気のあるCX-5があまり価格が変わらないと口コミが多いので購入するユーザーも、もしかしたら少なくなってきてるのかもしれない。

どんどんクルマは改良されてデザインが大幅に変更になったり、見慣れたデザインに逆戻りしたりどうなるのかが全く予想できないので、これからの変化によって人気は左右されそうだ。

トヨタ「C-HR」VSマツダ「CX-3 」比較!コンパクトSUV対決 まとめ

トヨタ「C-HR」とマツダ「CX-3」CX-3はどちらとも凄く魅力的なクルマです。

横からみたらやはりSUVになるので似ており、季節に関係なくどちらも楽しむ事ができ、維持費もけして高くないので買って後悔することは無いだろう。

どちらもメーカーのイメージした写真と現車では、雰囲気やイメージが異なるので実際に見に行くのをおススメする。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク