C-HRの燃費ライバル比較!SUVナンバーワンは?デメリットは?




C-HRの燃費は、ハイブリット燃費ランキングの中で10位に入っており、コンパクトSUV部門では1位を独占している。

とても人気があり、良く見かけることが多くなったC-HRだが、改めてどんなクルマなのかを他社のクルマと比較しながら考えてみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

C-HR燃費はSUVでNo1!ライバル対決を制す!

写真撮影:M,M

トヨタ C-HR    Gグレード ハイブリッド  
全長4,360mm 全幅1,795mm 全高1,550mm JC08モード30.2km/ L

写真撮影:M,M

マツダ CX-3  クリーンディーゼル 2WD
全長4,275mm   全幅1,765mm   全高1,550mm WLTCモード24.4km/L(高速)

写真撮影:M,M

ホンダ VEZEL  ハイブリッドX    2WD
全長4,330mm    全幅1,770mm   全高1,605mm       JC08モード26.0km/L

https://prcm.jp

日産 ジューク1.5L エンジン
全長4,135mm  全幅1,765mm      全高1,565mm   JC08モード18.0km/L

ライバル対決
  • トヨタ C-HR   JC08モード 30.2km/ L ハイブリッド
  • マツダ CX-3   WLTCモード 24.4km/L クリーンディーゼル
  • ホンダ VEZEL  JC08モード 26.0km/L ハイブリッド
  • 日 産 ジューク JC08モード 18.0km/L ガソリン

コンパクトSUVの人気がある他社のクルマと比較してみると、どれも車体の大きさが変わらないのが分かる。エンジンの種類によってクルマの馬力に差が出るが、クルマを購入するにあたり重視される点が「燃費」になっている。

車体が大きすぎず、排気量も2500cc以下で、燃費がいいクルマはとても人気がありC-HRはどれも当てはまっているので今後も人気が無くなることは無さそうだ。

ハイブリットでJC08モード測定にて30.2km/L達成でき、更に雪にも強く冠水してる道路も、ミニバンやセダンに比べれば圧倒的に有利になっている。比較したクルマで注目したいのがマツダ「CX-3」クリーンディーゼルエンジンだ。

ディーゼル車と言えばエンジンが強く馬力にも期待ができ、更に嬉しいのが軽油を使うので経済的でもある。燃費の測定方法も10月から採用されるWLTCモードになっているのでカタログのズレも少ない。

C-HR・VEZEL・ジュークはJC08モードになるので、カタログに乗っている燃費と実燃費に誤差が出てしまうがそれでも、トヨタC-HRは30.2km/Lからスタートするので下がってもあまり支障がなく、特に冬場でも燃費が急激に落ちるなどを抑えることができるクルマになっているのもあり人気が高い。




C-HRの実際の燃費はどれぐらい?燃費の測定が変わる?

https://toyota.jp/c-hr/performance/?padid=ag341_from_chr_navi_perf

これから販売される新車は、JC08モードからWLTPに測定方法が変わっていく。C-HRはJC08モードでの測定になるのでWLTPモードに変わるとカタログに記載されている数字とずれてしまう。

JC08モード

ハイブリッド JC08モード 30.2km/L

ターボ 4WD JC08モード 15.4km/L

ターボ 2WD JC08モード 16.4km/L

 

WLTPモード

ハイブリッド WLTPモード 22.7km/L

ターボ 4WD WLTPモード 11.5km/L
ターボ 2WD WLTPモード 12.3km/L

カタログに記載されている燃費の数字と実燃費は必ずと言っていいほどズレが応じる。特に酷いと言われているのがハイブリッドだ。

C-HRに乗っているオーナーの口コミで実燃費を見てみるとハイブリッドが、街乗り23~25km/Lで高速道路25km/Lが多くターボの場合街乗り12~14km/Lで高速道路16km/Lになる。

WLTPモードの測定をしたら燃費と実燃費は、あまり誤差が出なくなり今後カタログ上に書いてある燃費そのまんまで行くことができそうだ。

C-HRのハイブリッドは、JC08モードで測定してなくても十分な燃費を確保できる。実燃費は23km/Lからになるが、高速道路などの一定の速度で走れる道路では30km/L達成も可能だ。



スポンサーリンク

燃費No.1のC-HRは運転もしやすい!だがデメリットもあり!

写真撮影:M,M

燃費No.1のC-HRは運転もしやすい。

運転席・助手席どちらも視界が見えやすくなっている。男女問わず運転はしやすいが、少し座席の位置がミニバンやセダンに比べ高くなっているので、違和感を感じる人もいる。座席の位置が高ければ遠くまで見渡せるほど視界が良くなり、どんな道でも走行しやすい。

C-HRは欧州各国の一般道で走行テストを行い、険しい山道もこなすことができる性能を持っている。プロドライバーが運転しなくても誰ども操作がしやすいように作られているので、運転になれれば走るのが楽しくなるだろう。

その一方でC-HRのデメリットが何個かある。

写真撮影:M,M

“後方がとても見えにくい”

赤い丸で囲ってある空間で、後方を確認する。走行中は、インナーミラーで確認できるので問題は無いが、振り向いて後方を確認する時は上しか見えない。車高も高くなっているのでバックする時は死角が多くバックカメラ・センサー等は装着しといた方がいい。

リアガラスが小さく見えにくいプリウスとガラスの大きさを比較してみるとC-HRの方が小さくなっているなどの意見もある。

“2列目の空間”

リアガラスと2列目のサイドガラスが小さいため、とても暗く景色も見えずらい。長時間2列目に座わるのは避けたいが、トヨタの調査で「後席の圧迫感は30分経過すれば慣れる」などといった記事が雑誌に連載されたことがあるらしい。

足元が狭く、更に車内が暗い状態で長時間2列目に乗ればトヨタの調査を参考に考えれば大丈夫だと言いたいが、実際は慣れるのは難しい

https://toyota.jp/c-hr/

だが、緩和する対策は在るはずだ。室内が暗いのであれば社外品のシートカバーでシートの色を白色など明るい色に変更するだけでも少しはマシになるかもしれない。

暗い空間に明るい色を取り入れることで、少ししか入らない光も少しは明るく見せることができるかもしれない。

C-HRのデメリットはどこ?燃費は満足!SUVナンバーワン まとめ

コンパクトSUVは非常に人気があり、どれを買うか迷ってしまう。C-HRは2列目の空間や運転席から後ろを見る時の視界が、他社のクルマと比較しても断トツの見えにくさになってしまう。

だが、そこを改善するのに様々なオプションパーツがあるので改善することはできる。

走行性能や安全技術や燃費性能は、クラストップレベルになるのでコンパクトSUVに乗り換えを検討中の人は、一度C-HRを試乗してみてはいかかがだろうか。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク