C-HRは走りも規格外!ダブルウィッシュボーンってどうなの?




C-HRは、トヨタの中でも走行性能がトップレベルと言われている。クルマはどうしても第一印象の見た目で判断されがちだが、乗ってみればその良さが伝わってくるのがトヨタC-HRだ。

何が凄いのかはカタログにも書いてあるが、改めてどこが凄いのか調べてみた。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

C-HRは走りも規格外

写真撮影:M,M

世界一過酷なコースで開催される24時間耐久レースにトヨタC-HRが「ニュルブルクリンク24時間レース」に挑んでいる。
レースと言ったら、スポーツカーのイメージでどれだけ早く走れるかなど思い浮かべてしまうがC-HR(SUV)が、挑むことによってどうなるのか調べてみたところ

レースを通じて「人とクルマを鍛える」これが2007年から参戦を行っているTOYOTA GAZOO Racingのニュルブルクリンクの挑戦の原点である。

車両開発に携わる社員がレースメカニックやドライバーを担当することも、レースの“勝ち負け”ではなく、「いいクルマづくり」のための人材を育成することが目的である。

路面がフラットなサーキットをレーシングカーで走るレースとは異なり一般道に近い過酷なコースが特徴であるニュルブルクリンクを、市販車ベースのクルマで24時間を戦うために、速く・安全に走るためにはどのようなクルマづくりを行わなければならないかを、レースという限られた時間の中で考え、手を動かし、体で覚えることにより、人材を育成することができ、クルマも鍛えられる (https://toyotagazooracing.com/jp/nurburgring/about/引用)

ニュルブルクリンク24時間レースの動画や解説などが、インターネットで観覧することができるがとても過酷なレースなんです。24時間走っりぱなしになるので、エンジンから火がでたり、クルマが故障したり様々な故障が付いてまわる状況でC-HRは、完走を成し遂げた。

競うクルマも世界中のクルマが相手になり、半数以上がリタイヤせざる負えない過酷なコースを走り切っているので(もちろんドライバーの腕も重要)言わずとも分かるだろうが、全てにおいて精巧に作られている

どのような状況でも対応可能なフロント・リアのサスペンションが採用され、リヤアッパーサポートの緩衝材には、ウレタン材を使用しアブソーバーの応答性や減衰力のチューニングにこだわり、荒れた路面や段差を乗り越える時も、しなやかでフラットな乗り心地を確保しているトヨタトップクラスのクルマだ。




C-HRフロントはマクファーソン式フロントサスペンション

https://toyota.jp/c-hr/performance/performance/?padid=ag341_from_chr_perf_perf01

フロント・リヤともにC-HRのサスペンションは新開発されており、名門ザックスのダンパーが採用されている。

名門ザックスは、ドイツ生まれの超高性能なスポーツカーやF1などのモータースポーツ用品を手掛けている老舗メーカーだ。

フロントには、トヨタ車の標準的なサイズを超えた大径スタビライザーが採用されている。

サスペンションをしなやかにストロークさせロール剛性を高めることで、SUVゆえの車高がもたらす横揺れを抑制し、ゴムブッシュよりも剛性の高いボールブッシュをロアNo.2アームへ採用するなどSUVらしくない乗り心地を可能にしている。

https://toyota.jp/86/

86の上級グレードのGTに、ザックスのダンパーが使われている。サスペンションもフロント・リアが全く一緒の構造になっている。スポーツカーと言えばドライブが楽しめ軽快な走りができるある種の喜びを与えられるクルマになっている。

スポーツカーだからできることを今回CH-Rでも可能にしている。カタログの見出しの紹介文を読んだらまるでスポーツカーのような説明になっている。



スポンサーリンク

C-HRリアサスペンションはダブルウィッシュボーン方式採用!性能は?

https://toyota.jp/vellfire/exterior/?padid=ag341_from_vellfire_navi_exterior

F1や高級車に多く採用されている「ダブルウィッシュボーン方式サスペンション」その実績も確かなものがあり、確かなロードホールディングは大きな魅力で高級車に採用されている。

高級車で知られているクラウンからミニバンタイプであればヴェルファイアなどにも使われている。

このダブルウィッシュボーン方式サスペンションは、これを付けてるから乗り心地・安定性と関係あるように見えるが、実は関係はあまりない。

https://toyota.jp/c-hr/performance/performance/?padid=ag341_from_chr_perf_perf01

コーナリング中にロールしサスペンションがたわんだ時に、タイヤと路面との接地状態が変化せずカーブなどでの走行安定性という面では非常に期待できる。

段差を超える時必ずっと言って良いほどに、室内に乗っている人に衝撃が伝わるが、ダブルルウィッシュボーン方式だと緩和されクルマ全体の落ち着き方が違う。

クラウンやヴェルファイアなどの乗り心地は、とても評価が高いがこればかりは乗ってみて直接体感してみないと、どう凄いのか分からない。

“C-HRのラゲッジルームは狭い”と言った内容を、目にすることが多いがダブルウィッシュボーン方式では部品点数が多く、高さが必要なアッパーアームを設置する必要があるので、十分なスペースを確保しないといけない。その為、市販車ではどうしてもエンジンルームラゲッジスペースが狭くなってしまう。

車体比較

クラウン(アスリート) 全長4.895(mm)×全幅1.800(mm)×全高1.450(mm)

ヴェルファイア    全長4.936(mm)×全幅1.850(mm)×全高1.935(mm)

CH-R                             全長4.360(mm)×全幅1.795(mm)×全高1.550(mm)

同じ構造のサスペンションのクルマ3台大きさを比べてみたが、車体の大きさの差が凄い。

十分なスペースを確保しないといけないのでクラウン・ヴェルファイアはスペースは簡単に確保できるが、CH-Rは車体サイズがコンパクトになるのでラゲッジルームが狭くなるのも無理もない。

運転席・助手席どちらも空間には余裕があるが、2列目は窓の大きさが非常に小さく乗り心地以前に心配な点がある。こちらは、また別の記事で紹介するので一緒に読んで欲しい。

C-HRはオーナーの評価で乗り心地は86%の人が「良い」

写真撮影:M,M

  1. 段差での衝撃を逃がし、乗っている人にあまり感じさせない造り
  2. 長時間運転しても疲れない
  3. 静寂性が高く、路面からのノイズも気にならない

見た目だけでは、決して乗り心地・運転性能が優れているように見えないC-HR。

クルマに乗らずに思い込みだけで終わってしまうなども実際にはありそうだが、トヨタが認めるトップクラスのクルマになる。

インターネットの口コミの評価の点数を見てみると「酷すぎる」「2度と乗りたくない」と言う内容も見かけるが、高評価も多く見かける。

販売店に1台は試乗車が置いてあるので、予約が入っていなければ直ぐに乗ることができるが、長距離を走行することは難しく販売店の周辺を1週するだけになる。

正直それだけで、クルマの乗り心地を判断するのは難しい。なぜなら、小刻みに信号があり止まって進んでの繰り返しの運転では乗り心地も判断しにくいのでは。

C-HRを購入して乗っている知人・ユーザーの口コミを聞いたり調べたりしても「酷すぎる」とは聞いたことはないので、今後購入を検討中の方は試乗する時1週だけでなくもう少し距離を伸ばしてみたり、お金はかかるがレンタカーでも取り扱いがあるので色々な方法を試してみてはいかがだろう。

C-HRの乗り心地はトヨタ86やクラウン並?

https://toyota.jp/crown/

トヨタ86・クラウンの走行性能と言えば、コーナリングが楽しくなる操作・気持ちいいリズムの走りができる。

コーナリングが楽しくなる、気持ちいいリズムの走りを徹底して追求。減速・旋回・加速といったコーナリングを駆け抜ける一連の動きにおいて、操作に対する応答性の良さとスムーズで穏やかな姿勢変化を実現。

それぞれのエンジンに対しブレーキ特性やアクセル特性にもこだわることで、ドライバーとクルマが一体となったような意のままの走りを可能としました。

(https://toyota.jp/crown/performance/?padid=ag341_from_crown_navi_performance引用)

https://toyota.jp/crown/

上記の画像は、トヨタクラウンのホームページに掲載されている写真だが、山道などカーブが多い道などでは操作に対する応答性の良さとスムーズで穏やかな姿勢変化が可能になっている。

クラウンや86みたいに運転しやすくハンドル操作もスムーズにできる構造に、C-HRもなっている。

日本の道路は、外国と違いどこを走っても綺麗に整備されている。常日頃C-HRの乗り心地の良さが体感するのは難しく、クラウンや86と違い車体が地面より離れタイヤも大きくなるので地面からの衝撃が伝わりやすい。

実際に乗っているユーザーが口にして高評価していることがある。それは「段差での衝撃をあまり感じさせない」と言った内容だ。

地上から離れていると衝撃を感じやすいが、採用されている新開発サスペンションの効果で衝撃を吸収・緩和することができる。

道路がどんなに整備されていてもコンビニやお店に入る時の段差などで、不快な経験をしたことは無いだろうか。C-HRの新開発サスペンションでは、どんな場所でも安定した乗り心地を確保することができる。

だが、実際に乗り心地の評価は全てが高評価ではないので実際に試乗して体感するのがおススメだ。

 

C-HRは走りも規格外!ダブルウィッシュボーンってどうなの? まとめ

C-HRはSUV車の中でもトップクラスの燃費性能になっている。クルマの性能全てにとことん追求しているので、とても満足できるクルマになっており、高速道路など信号があまりない道路を走行すると今まで気づかなかったC-HRの新たな走りの性能に気付くかもしれない。

C-HRの純正サスペンションは、正直調べていなかったら気付かなかった。

それだけ普段見る事がない場所になり、サスペンションのレイアウトは基本的にプリウスと同じですが、細部のこだわり方が違うなど細かい工夫が施されたクルマだ。

(コピーライターM,M)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク