C-HRの雪国の雪山?ハイブリッドの雪道はどお?




C-HRで雪山や雪道を走った時、問題なく走行できるかは気になる部分であると思います。

また、ハイブリッド仕様でも、しっかりと雪道に対応できるのかも知っておきたいところですね。

この記事では、C-HRの雪道での走りについて、まとめていきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

C-HRの雪国の雪山?ハイブリッドの雪道はどお?安全?

C-HRのハイブリッド仕様は、雪道ではしっかりと走行できるのか、知りたい人も多いのではないでしょうか。

実際の走行したことのある人の意見や口コミなどを交えて、チェックしていきたいと思います。

①厳しいイメージの雪道でも問題なく走行できそう

C-HR

引用:http://www.98.lt:81/toyota-c-hr-hibridas

実際にC-HRのハイブリッド仕様で雪道を走ったことのある人からは、特に問題なく走行できているという意見が多く寄せられています。

ハイブリッド仕様は、どうしても雪道や雪の積もった斜面では走るのが難しいと感じられるものの、C-HRではそのような不安があまりないのがポイントのようですね。

轍ができていたり、凍結していたりするなど、路面状況が良くないところは事前に注意する必要があるものの、C-HRが雪道に適していないわけではないところが特徴になるのではないでしょうか。

②安全に走行できる部分もメリットであると評価

ハイブリッド仕様のC-HRは、安全に雪道で走行できるところもメリットのひとつとして評価されているようです。

車種によって、雪道で問題なく走行できる場合や、あまり雪道に適していないと評価されるものもありますが、C-HRは評価できる点となっています。

一般的な市街地に比べても、大きくパフォーマンスが下がることのないところが評価され、C-HRが雪道でも支障なく走れ、安全でもあると認識されているようです。

問題なく走行できそうな部分にプラスして、危険性の少ない運転の実現できるところが、C-HRの良さとして挙げられるかと思います。




C-HRの雪国の雪山で寒冷地仕様はC-HRの燃費はどおなの?

C-HRには、寒冷地仕様という設定が用意されています。

この寒冷地仕様では、C-HRの燃費がどうなっていくのか、チェックしていきましょう。

①装備の使い方によって燃費が変動する

引用:https://toyota.jp/c-hr/grade/g/?padid=ag341_from_chr_grade_grade_g_thumb

寒冷地仕様では、通常装備ではついてない装備がいくつか設けられています。

フロントヒーターには、電気式補助ヒーターが設けられていたり、エンジンのかかりやすくなるようにスターター容積が増やされていたりします。

こういった装備の使い方によって、実際に記録される燃費には違いが出ていると考えるのが、ベストと言えそうですね。

複数の寒冷地仕様の装備を上手く組み合わせて使っていくと、燃費が思ったよりも悪化せずに済む可能性は高いと言えるでしょう。

②ハイブリッド、ターボ共に極端な落ちはない

実際に計測される燃費をベースに考えると、C-HRのハイブリッドは約22~24km/L、ターボ仕様は約10~12km/L程度になることが多いようです。

寒冷地仕様のC-HRでも、各仕様で同じ程度の燃費が計測されているとの評価が集まっています。

極端に路面状況が悪く、滑らかな走行が難しい場合は、この実燃費よりも下がってしまうことも想定されます。

しかし、そういった条件下での走行でも、C-HRではハイブリッド仕様は約18~20km/L、ターボでも約10km/L程度の燃費が見込まれるようですね。

雪道では燃費が大きく下ってしまうことがイメージとしてありますが、その点が心配だという人も、C-HRについては安心できるのではないでしょうか。

C-HRの寒冷地仕様で計測される実燃費に関しては、ハイブリッド、ターボ共に評価は上々のようです。

実際にC-HRに乗っている人からも、燃費でガタっと下がってしまう心配の少ない部分は、プラスに評価されています。

雪道や冬の厳しい路面状態でも、パフォーマンスが維持できるところは、寒冷地仕様のメリットと言っても良いかもしれませんね。



スポンサーリンク

C-HRの雪国の雪山でスペアタイヤがなくても本当に大丈夫?

C-HR

引用:http://www.98.lt:81/toyota-c-hr-hibridas

C-HRにスペアタイヤを積まなくても、雪道で走ることができるのかは、気になる部分ですよね。

実際にスペアタイヤなしで雪道を走っても大丈夫なのかについて、ここから詳しく見ていきたいと思います。

①スペアタイヤを積まずに走る人は多い傾向

C-HRを寒い地域で利用する人の中では、スペアタイヤを積むことなく走る人が、割合としては高い傾向にあるとされています。

その要因としては、やはりスペアタイヤを積むことで、C-HRの車内空間が狭まってしまうことが大きなものとして挙げられています。

スペアタイヤを積まない代わりに、電源用機材をその空間に設置したり、ラゲッジスペースとして有効利用したりする人が、C-HRのオーナーの中では目立っていると考えられます。

また、スペアタイヤ自体が、メーカーオプションとして設定され、全ての人が必ず選ぶ必要のないところも絡んでいるようです。

他のメーカーオプションを選び、その結果としてスペアタイヤなしでC-HRを使っている人が増えているとも考えられるかと思います。

②スペアなしでのパンク対策はどうすれば良いの?

では、スペアタイヤを積まずに走る場合には、万一タイヤがパンクした時などの対処はどうするのでしょうか。

現在は、タイヤのパンク修理剤などのアイテムが充実し、C-HRに装備するタイヤにも利用できるものが多くなっています。

タイヤ修理用のアイテムは、比較的コンパクトで収納にスペースを取らないものも多いことから、スペアタイヤを積む代替案としてはかなり有効のようですね。

簡単にパンクへの応急処置のできるものが中心となり、タイヤのパンクに対するリペアに慣れていない人でも利用しやすいところが評価されています。

また、ロードサービスに緊急で連絡して、処置してもらうという方法も考えられます。

タイヤのパンク修理剤を使って上手く修復できない場合などには、こういったサービスを使うことで確実に状況を回復させることも期待できるかもしれません。

C-HRの雪道走行では、頻繁にタイヤがパンクしてしまうということは考えにくいとされます。

そのため、どうしてもスペアタイヤなしでの応急処置の方法は慎重に検討してしまいますが、パンク修理のアイテムやロードサービスの活用が選択肢になるでしょう。

C-HRはそもそも雪道には強いのかな?大丈夫?

引用:https://www.pakutaso.com/20141035303post-4777.html

C-HRは、雪道でも特にトラブルなく走行できる可能性は高いと言えそうです。

雪道に強いSUVとしての評価も高いので、特に冬場に雪が多く積もる場所でも、日常的に使える車としてオススメされるかと思います。

また、C-HRには寒冷地仕様というオプションが設定されており、北国で生活する人に向けた仕様として提案されています。

冬場でも快適に走行でき、雪道でタイヤが道にとられ、スタックしてしまう可能性も少ないとされています。

ハイブリッド仕様は雪道や冬の環境にはあまり強くないのではないかという印象もありますが、C-HRではその心配もなさそうです。

実際にC-HRを寒冷地仕様で乗るオーナーからも、特に雪道でのトラブルを起こしたことが無いという意見が多く、雪道に強いことの裏付けになりそうですよね。

そういった意見も含め、C-HRは雪道でも強い部類に入る、SUVのモデルとしてオススメされるのではないでしょうか。

C-HRの雪国の雪山?ハイブリッドの雪道はどお? まとめ

C-HRの雪道での走行に関して、いくつかの項目に分けてみてきました。

C-HRのハイブリッド仕様は、一般的な市街地などの走行とは遜色ない走りが期待でき、特に問題なく冬の環境にもた王できる口コミが目立っていました。

ターボ仕様も同様で、走行性能、そして燃費の面で評価は上々といったところです。

標準仕様に加えて、寒冷地仕様がC-HRには設定されているので、始めから雪道を想定した仕様を選ぶことができるようです。

そのため、寒い地域や雪道を走る機会が多い人は、寒冷地仕様を選ぶことによってC-HRでの雪道対策が万全に進められるでしょう。

標準的な性能自体が、C-HRはSUVとしては高い水準にあり、その特徴が雪道走行でもフルに活かされていると思います。

すぐにタイヤが雪道に取られる、スタックするなどの心配も、C-HRに関しては少ないと言えます。

雪が積もった悪路や雪山などのアウトドアのシーンでも、どんどん活用していけるモデルとして評価できるのではないでしょうか。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク