C-HR【口コミ】実燃費のハイブリッドとターボはどお?表示チェック




C-HRの実燃費は、購入する人にとっては関心が高い部分であるかと思います。

また、ハイブリッド仕様、ターボ仕様では、実燃費に違いがあるかも、知っておきたいところです。

この記事では、そういったC-HRの実燃費に関するトピックに焦点を当てていきます。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、
大手下取り会社の最大10社が
あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、
予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料で高く売りたい!!」という方は

C-HRのハイブリッド仕様の燃費はどうなの?

C-HRの主力グレードである、ハイブリッド仕様の実際の燃費は、どの水準になるのかは、知っておきたいところです。

実際の燃費を知っておけば、運転する時にも役立つかもしれません。

実際に寄せられる口コミなどを交えながら、詳しく見ていきたいと思います。



スポンサーリンク

①ハイブリッドのカタログ燃費は30km/Lオーバー

まずはカタログ掲載の燃費についてです。

C-HRのハイブリッドは、カタログ燃費では30.2km/Lを示しており、30kmの大台を突破しています。

それだけ燃費性能については優れていると言え、ハイブリッド仕様としては上々の水準にあると考えられます。

C-HRはSUVのジャンルに属していますが、そのジャンルの中でもトップクラスの燃費になるようです。

購入する段階から、こういった燃費の良さについては、期待したいと思う人が、多数を占めているかと思います。

②気になる実燃費は20km/L台中盤が多い

 

引用:https://autoc-one.jp/nenpi/3211416/photo/0053.html

カタログ燃費に比べて、実燃費がどうなのかは気になる人も多いでしょう。

実際に寄せられている口コミでは、実燃費は20km/L台半ばが最も多いようです。

23~25km/L台の燃費が実燃費で出ているという意見が多くなっており、C-HRの燃費の良さという点が大きく削がれていないのがポイントです。

カタログ燃費に比べると、約7割から8割に近い水準の数値が出るようなので、その点でもギャップは少ないと評価できるのではないでしょうか。

走行シーンによって、若干実燃費に違いがあるのも特徴です。

やはり、安定した速度で加減速の少ない高速道路では、C-HRの実燃費が25km/Lを突破することが多いと考えられています。

速度が変わりやすく、曲がったり停まったりを繰り返す市街地であれば、23km/L台程度が実燃費の水準としてよく挙げられるようですね。

このように、どんなシーンを走るかによって、C-HRの実際の燃費に違いが出てくるようで、ハイブリッド仕様はその点もポイントとなってきそうです。

C-HRのハイブリッドのオーナーからも、実燃費については概ね良い意見が集まっています。

空調を使っているなど、条件によってはこの実燃費よりも下がることも想定されるものの、それでも極端にダウンする心配がなく、燃費性能の良さは魅力的と考えられますね。



スポンサーリンク

③SUVとしては突出した燃費の良さがポイント

C-HRのハイブリッドに関しては、実燃費はSUVのジャンルでは突出していると考えられそうです。

ハイブリッドの設定自体のないSUVもありますが、その点を差し引いても実燃費で25km/L台を窺うところはC-HRの特徴として挙げられますね。

走る条件や状況によって、細かく燃費は変動する点は考慮する必要がありますが、SUVトップクラスの燃費を実感できる部分は注目するべきです。

カタログで掲載される燃費よりも、大幅に落ちる心配もないので、その点でもC-HRのハイブリッドは安心して乗り続けることができるのではないでしょうか。




C-HRのターボ仕様の燃費はどうなの?

C-HRのターボ仕様については、実際に計測される燃費はどうなるのでしょうか。

カタログ燃費を交えて、どの程度の水準になるのか、チェックしていきたいと思います。

①カタログ燃費では16km/L前後

引用:https://toyota.jp/c-hr/grade/g_t/?padid=ag341_from_chr_grade_grade_gt_thumb

C-HRのターボ仕様は、カタログ燃費では16km/L前後となっているようです。

ターボ仕様には2WDと4WDが設定されていますが、駆動方式によって燃費にバラつきがあるため、その点がハイブリッドとは違った部分として挙げられます。

2WD仕様は16.4km/L、4WDは15.4km/Lと1kmの燃費差があり、その点はターボのC-HRを購入する場合には気を付けておくと良いかもしれません。

ターボではG-T、S-T LEDパッケージ、S-Tと3つの細かいグレード訳がなされていますが、どのグレードでもこの燃費の差は共通します。

C-HRのハイブリッドとは少し違った燃費性能の違いになるものの、ターボを購入する際には駆動形式によって違いがあることを把握すると問題ないでしょう。



スポンサーリンク

②実燃費は12~14km/L台が最も多い

C-HRのターボの実燃費については、12~14km/L台であったという口コミが、最も高い割合で寄せられています。

カタログ燃費と比較しても、遜色ない燃費が計測されているようで、スペック通りの燃費が実現されていると評価できそうです。

普通の市街地では、大体12~13km/L台で走れる場合が多く、悪路や空調を付けている場合などは10km/L台で落ち着くこともあるようです。

その一方で、高速道路での走行時などは、16km/L位の実燃費を計測することもあるようです。

つまり、カタログ燃費とほぼ同じ数値が出ているということであり、燃費が優れていると言えるのではないでしょうか。

走行するシーンによって、やや実燃費にはバラつきがあるものの、C-HRのターボについては、概ね良い燃費が期待できると言えそうです。

カタログ燃費と実燃費を比較してみると、約80%から85%程度と考えると良いかもしれません。

16km/Lに迫る燃費の数値がターボ仕様で出ることもあるので、その場合はカタログ燃費の90%という、非常に良い数値が出ていると言えるでしょう。

ターボ仕様の車という観点で見ても、C-HRの12~14km/L台が中心となる点は、良い数値として評価できそうです。

他のターボ車では、10km/Lを下回る実燃費になることもしばしばあるため、平常時の走行条件で12km/L台を強く期待できる部分は魅力的であると思います。

そういった意味でも、このC-HRのターボ仕様の実燃費の水準は、かなり高いレベルにあると考えても問題ないようですね。

③走行シーン次第では良い燃費にも期待が持てる

C-HRのターボ車は、走行シーン次第では、かなり良い燃費を期待することもできるのではないでしょうか。

通常でも12km/Lを超える燃費を計測するケースが多くなっており、ムダな急加速や蛇行などを抑えれば、もっと良い燃費も見込めそうです。

一般的なターボ車では、1ケタ台の実燃費が当たり前となってしまうことも多いようですが、C-HRについてはそのような心配もほとんどありません。

悪路や寒冷地などでは燃費は下がりやすくなるので、そういったところでは10km/L台を下回る可能性もありますが、基本的には2桁燃費が維持できるようです。

ハイブリッド仕様に比べると、当然実燃費は下がってしまいますが、走りの良さと燃費の良さを両立しているという意味では、ターボ車も評価できそうだと言えますよね。



スポンサーリンク



スポンサーリンク

ターボ・ハイブリッド共にカタログに遜色ない実燃費

 

引用:https://toyota.jp/c-hr/interior/?padid=ag341_from_chr_navi_interior

C-HRは、ターボ、ハイブリッドの各仕様で、カタログ燃費に遜色のない実燃費が計測されているようです。

極端にカタログに比べて実際の燃費が落ちず、燃費性能が高い状態であると評価できる部分は、C-HRが全体的に良いイメージを得ることにも繋がるでしょう。

走る場面や走り方を意識するだけで、想定される実燃費の水準を上回る可能性もあるので、C-HRでの走行時にはより良い燃費も出る可能性を持っています。

SUVの中でも、燃費の良さをアピールポイントとするC-HRなので、こういった部分は大きなプラスとして捉えることができそうです。



スポンサーリンク

C-HR【口コミ】実燃費のハイブリッドとターボはどお?表示チェック まとめ

C-HRのハイブリッドとターボのそれぞれの実燃費について、ここまでチェックしてきました。

ハイブリッド仕様は約25km/L、ターボ仕様は約12~14km/L程度が実燃費の想定ラインとして挙げられるようでした。

どちらの仕様の実燃費も、カタログ燃費に比べて極端に落ちることが無い上、SUVのジャンルとしてはかなり上位に食い込む性能であると言えそうです。

ハイブリッドでは燃費の良さが一番のポイントとして挙げられますが、ターボ仕様でも2桁の燃費を維持できる可能性が高く、メリットになるかと思います。

このようなC-HRの燃費性能に長けた点は、購入する時、そして実際に運転する時にも、魅力的に感じられる材料になるかもしれません。

走り方次第では、更に良い水準の燃費も期待できそうなので、良い燃費を出す楽しみを感じながらC-HRに乗れそうですね。

(執筆:車の情報追跡者:佐藤ヒロシ)

新車が値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは?

その車の下取りは必ずインターネットで相見積を!

トヨタ CH-R 新型がほしい!

先日買い換えた私の前の車、SUVでしたが10年落ちで1年車検になりましたが、5回目の車検を通すかどうかの時期でしたけど、それと比べたら感動モノに高性能なのが今の車です。

新車の情報を、調べれば調べるほどわくわくしますよね!

でも、いざ買うとなると…

  • 「ほしい車は…高すぎるよっ…」
  • 「頭金とボーナス払いなしでなんとか…」
  • 「値引きが多いほど嬉しいのだが交渉が下手…」
  • 「中古屋さんを回って見積もりだすのは面倒…」
  • 「一度、査定にだすと売り込みがイヤ…」
  • 「新車の自己資金が多いほどいいに「きまってる…」

などなど、悩みは尽きません…

新車の購入を検討しているけど悩みが尽きない…
と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。

家族や友人に相談したところでまともに聞いてもらえず
また聞いてもらったところで欲しい車に手が届かない。

そんな方にオススメの裏ワザをご紹介します。

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

下取りは必ず一括査定サイトを使うこと!

ディーラーでは30万円の下取りが、
買取業者では80万円になることも多々あります。

一括査定サイトを使うことで、

大手下取り会社の最大10社が

あなたの車の買取価格を

競争で相見積します、
結果的に値段が吊り上り、

予想以上の高値で買い取ってくれます。

「完全無料見積もりで高く売りたい!!」という方は



スポンサーリンク